続・アプリ内から自社の全アプリを宣伝する超簡単な方法

続・自社アプリへの誘導

先日の記事、アプリ内から自社の全アプリを宣伝する超簡単な方法2つを書いたところ教えて頂いた、iOSのOSバージョンを気にせず出来るアーティスト(iOS 6で言う所のデベロッパ情報)リンクの方法を改めて試してみたいと思います。

やり方はとっても簡単だった!

明示的にiTunesを起動するURIスキームである itms-apps から始まるアーティスト用のリンクを用意し、ボタン等に以下のアクションを割り当てます。

NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"itms-apps://itunes.com/apps/アーティスト名"];
[[UIApplication sharedApplication] openURL:url];

これだけ!



アーティスト名(企業名)の記述ルール

使用するアーティスト名は、アプリ公開用に記載した名前を使いますが、この記述には、いくつかのルールが決まっているようです。

  1. 空白は全て削除する
  2. 全て小文字にする
  3. copyright (©)、trademark (™)、registered mark (®) といったシンボルは削除する
  4. "&" は "and"に置き換える
  5. 以下の句読点や特殊文字は削除する
    !¡"#$%'()*+,-./:;<=>¿?@[]^_`{|}~
  6. アクセントのついた文字や装飾された文字(ü, å, etc.) は元となる文字(u, a, etc.) に置き換える

他はそのまま残せば大丈夫のようです。

参考: Technical Q&A QA1633 - Apple Developer

例えば私の使用している名前 Daisuke Suzuki をルールに当てはめると、1の空白を全て削除する、2の全て小文字にする、が必要になるので、daisukesuzuki になります。

これを先ほどのURIスキームと、接続先のiTunesのURLとあわせてると、以下のようになりました。

itms-apps://itunes.com/apps/daisukesuzuki

早速これを利用してテストしてみると…

アーティストリンクのアプリ一覧ページ

見事表示できました!

iOS 4.3、iOS 5.1、iOS 6.0 の実機全てで確認できたので、これからメインで使っていけそうです。

タグ: iTunes App Store 宣伝 iPhone SDK

プロフィール
Daisuke Suzuki
ウェブサイトの制作から運営管理、アプリ開発など、様々な挑戦をして試行錯誤の日々を送っているフリーランスです。対外業務をするお仕事生活から抜け、現在は個人制作でご飯を食べています。 最近はアプリ攻略サイト AppGames を制作・公開し、そちらも手がけています。詳しいプロフィール
サイト内検索
facebook
このブログについて1
一から制作したお手製ブログ ver1.23
2012年9月11日に開始。自分で見て触って動かして、日々コツコツと調整しています。